むくみ解消の鍵は運動と食生活改善!

むくみ改善には生活の見直しを

飲み会の次の日やインスタントの食事が続いた時ってむくみがひどくありませんか?むくみは普段の生活が顕著に現れる症状です。むくみを根本からなくしたいのなら普段の生活を見直す必要があります。

食生活改善でむくみを撃破!

普段の食事を変えるだけでむくみはぐっと改善されます。むくみ改善の為の食生活のポイントは
1.塩分を控える
2.アルコールを控える
3.ミネラル摂取を心がける
の3点です。
食生活を見直すことでむくみが改善される理由は、血管内の水分量を正常に保つことが出来、水分や老廃物の代謝がうまく行われることにあります。

塩分を控える
塩分を多く取ることによって引き起こされるのは、血液中の塩分濃度が高くなることです。血液中の塩分濃度が高くなると私たちの身体は塩分濃度を低く下げようと血液中の水分量を増やして血管を膨張させ、血管の浸透圧のバランスが悪くなります。浸透圧のバランスの崩れによって、本来なら血液中の栄養を身体に運び、余分な水分と老廃物を受け取るはずの血液が水分と老廃物を受け取ることが出来なくなります。
そうなると細胞の間に溜まっている老廃物や余分な水分は、血液に回収されず皮下に残ってしまうので、それが蓄積されてむくみとなってしまうのです。

塩分を控えることによって過度な血管の膨張を押さえることが出来ます。血管の浸透圧のバランスが保たれていればむくみを起こすことが少なくなるのです。

アルコールを控える
アルコールも血中の水分量を増加させる原因になります。アルコールを摂取すると血中アルコール濃度が高くなり、アルコールを薄めようと血液中の水分量を高くします。その結果、塩分を多く取ったときと同じ減少が起きてむくみを発生させてしまうのです。

アルコールのさらに性質の悪いところは、利尿作用を持っているところです。一見身体の代謝が良く働くことでむくみを解消できるのではないかと思いがちですが、アルコール摂取による利尿作用はこれに当てはまりません。
アルコールの分解には必ず水分が必要になります。ですが、お酒を飲んでいるときに意識して普通の水分を取るようにしている方は少ないと思います。お酒は水分補給にはなりえないので、お酒を飲んでいるときはほとんどの方が軽い脱水症状を起こしているといえます。つまり、体内の水分量が足りていないのです。
そんな中アルコールの分解に水分を使用して、体内は水分不足の状態+血管が膨張して排出すべき水分や老廃物が排出できていない状態が続きます。

身体はアルコール分解と水分量を保つことで大忙しになり、代謝がうまく働かずにどんどん皮下に水分と老廃物が溜まってしまってむくみになっていくというわけです。

ミネラル摂取を心がける
ミネラルといっても意識して摂取してほしいミネラルは「カリウム」です。カリウムには体内の塩分を排出させる働きがあります。
体内にはpHバランスというものが存在し、塩分(ナトリウム)と塩分を排出する物質(カリウム)とのバランスの調和が取られています。その為、普段は血中の塩分濃度が高くなりすぎることはないのですが、カリウムは塩分を排出する際に塩分と共に体外へ排出されてしまいます。カリウムが無くなってしまうと塩分の排出が出来なくなります。

ここで問題になるのはカリウム摂取の量が圧倒的に塩分摂取の量よりも少ないという点です。体内の塩分量を保つ為にカリウムは必要なのですが、使われたらすぐになくなってしまうのです。塩分は何を食べるにしても体内に入るものですが、カリウムの場合そうはいきません。意識してカリウムを摂取するようにしないと、体内の塩分排出が潤滑に行われずにむくみを引き起こしてしまうのです。カリウムを積極的に摂取してむくみを改善させていきましょう。

以上が食生活を見直すことでむくみを改善させるポイントです。
飲み会などの食事がいかにむくみに悪影響を及ぼすのかをわかっていただけたのではないかと思います。普段の食事には十分気をつけてむくみを改善させていきましょう。

毎日の運動でむくみを撃破!

  足にむくみが出来る原因の多くは足の筋肉を使用しないことによる血液の滞りにあります。
なぜ血液が足に溜まるのか?
足は心臓から1番遠いところにあります。心臓は言わずとも知れている血液を送り出すポンプの役割を担っているのですが、足の血液しっかりと送り出せるほど強いポンプ機能を持った心臓の持ち主は少ないと思います。そんなときに足のポンプ機能を担うのが足の筋肉です。

足の筋肉を普段あまり使わない方は、足の静脈の血液が足に溜まってしまいます。足の静脈はゴムのように伸び縮みをします。柔軟に血管が伸び縮みする為、血管に血液が溜まりやすいのです。そんな溜まってしまった足の血液は重力に逆らって心臓へと帰っていかなければいけないので、血液を送り出すためにしっかりと足のポンプ機能を使う必要があるのです。

血液を循環させる為の運動
足にむくみを作らない為には、足に溜まっている血液を循環させる必要があります。
血液を循環させるといっても難しく考える必要はありません。簡単に言えば、足の筋肉の収縮をさせるだけです。
最も手軽に出来る運動は歩くことです。

デスクワークをしている方も、立ちっぱなしでその場からあまり動かない仕事をしている方でも、仕事中にトイレに立つことはあると思います。トイレに良く頻度を高めて少し歩く程度でもむくみ改善には効果が現れるはずです。
そのほかには、駅のホームに行くのにエスカレーターを使わずに階段を使うとか、一駅分歩いてみるとかちょっとした運動を取り入れるだけでむくみには効果的です。
仕事が終わって家についてから少しジョギングやウォーキングをすることも足のむくみにはとても効果があります。

足の筋肉の収縮を頻繁に行ってあげることで血液は循環されるので、日常生活の中で少し意識するだけでむくみ改善は見込めるのです。


食事や運動を意識するだけでむくみは改善することが出来ます。毎日の生活の中で無理をせず出来る範囲から始めてむくみを解消していきましょう。