足のむくみが出来てしまう原因

足のむくみが出来てしまう原因

足のむくみが出来てしまう原因はいくつかあります。ここではそのむくみの原因について紹介します。

足のむくみの主な原因

足のむくみが出来てしまう主な原因は、体内の老廃物と余分な水分が排出されずに残ってしまっていることです。身体の代謝機能がうまく働かないことには理由があります。

塩分の取りすぎ
塩分を取りすぎると、血中の塩分濃度が高くなります。血中の塩分濃度が高くなると、血液中の水分量を多くして塩分濃度を下げようと働きが生まれます。本来血液は身体の細胞に必要な栄養分を運んで、不要になった水分や老廃物をろ過する腎臓に運ぶ役割があります。ですが、血中の水分量が増えると老廃物や余分な水分を受け取ることが出来ずに体内に老廃物や水分が溜まってむくみになってしまうのです。

足の筋肉を使わないことによる血液の滞り
足の筋肉は静脈の血液を心臓に送り出す役割があります。女性の場合は足の筋肉が男性と比べて少ない為、血液が足に溜まってしまう傾向にあります。静脈はゴムのように伸び縮みするのですが、足にむくみが出来てしまうのは静脈に血液が溜まって足の老廃物と水分が排出されないことに原因があります。

座りっぱなしや立ちっぱなしのときにむくみが起きやすいのもこれが原因です。筋肉の収縮が血液の送り出しをするので、筋肉を収縮させずに長時間いるとむくみが起きてしまうのです。

冷えによるむくみ
冷えむくみは発生します。身体は冷えると血管が縮まります。血管が縮まると、本来なら余分な水分や老廃物を回収して腎臓へと運ぶはずの血液の回収機能がうまく働かなくなるのです。その為、どんどん老廃物や水分が蓄積されていき、むくみとなるのです。

水分の取りすぎによるむくみ
水分を取ることはむくみ解消には必要なことなのですが、過剰な水分補給はむくみを発生させます。水分を補給するということは体内の水分量が増えるということです。補給する水分量が多くて排出する水分量が少ないと水分量のバランスがうまく取れず、むくみを発生させてしまいます

水分補給をしないことによるむくみ
水分補給をこまめに行わないとむくみを発生させる原因となります。私たちの身体はほとんど水分で出来ています。その為、普段の水分補給量が少ないと身体は水分を溜め込もうとします。溜め込まれた水分は皮膚の下の細胞の間に溜め込まれ、むくみとなるのです。
これらが一般的にむくみの原因とされているものです。もしむくみがひどく改善の兆しがない場合には医師への受診をおすすめします。


むくみの原因まとめ

むくみの発生は普段の生活習慣や食習慣と直結しています。逆を言えば普段の生活や食事を見直せば改善できるということです。ちょっとした心がけでむくみは改善することが出来ますが、普段の生活を変えるということはとても難しいことです。自分で出来そうだなと思うところから少しずつ改善させていきましょう。

手軽にむくみを解消したいなら「むくみサプリ」がおすすめです。即効性があるので、すぐにむくみを解消したい方にはおすすめなので、一度試してみてください。