座りっぱなしの足のむくみは座りながら解消!

デスクワークをして一日中座っていると足がむくんで重だるくなってきますよね。
ずっと座っていると太ももの辺りが常に圧迫されることと、足の筋肉を使わないことが原因で足がむくんでしまいます。そんな足のむくみは座りながら解消できるって知っていましたか?
座りながら出来る足のむくみ解消方法を紹介します。

デスクワークでできる足のむくみを解消するには

デスクワークをしているとどうしてもむくんでしまう。

むくむのはわかっていても、なんでむくみが起きているのかあなたは把握していますか?

水分の摂りすぎ?
ずっと座っているから?
足が冷えるから?

どれも正解ですが、むくみができてしまう大きな原因はずっと座っているからです。

デスクワークでできるむくみの解消法を見る前に、何でデスクワークをしているとむくみができるのかを確認していきましょう。

デスクワークでむくみができる原因

デスクワークをしていてむくみができてしまう原因は、足の付け根にあるソケイリンパというリンパ節が圧迫され続けるから。

リンパ液はつま先から鎖骨まで移動するのに約1日の時間がかかります。

そんな中で、足のリンパ液を流すときに必ず通るリンパ節を抑えてしまっていてはリンパの流れが悪くなるのは当然ですよね。

リンパの流れが悪くなると、血液中の余分な水分を回収することができなくなります。

特に右足のふくらはぎは、心臓のポンプ機能が最も働き辛い箇所になるので、血液中が停滞しやすい箇所。

血流が悪くなり、リンパ液の流れも悪い右足にはむくみができないほうがおかしいという状況が出来上がってしまっているのです。

デスクワークによってできるむくみは、あなたがずっと椅子に座っている状況ができてしまっているからできてしまうんですね。

そんなデスクワークによってできるむくみは、ちょっと意識して立ち上がったり、足を動かしてあげるだけで簡単に解消できるかもしれません。

座りながらむくみを解消する方法って?

座りながら足のむくみを解消するには、ふくらはぎの筋肉を使うことが大切です。足がむくんでしまうのは足に血液やリンパ液が溜まってしまうから。溜まった血液やリンパ液をふくらはぎの筋肉を使うことで体の中心に流してあげましょう!

とはいえデスクワークや電車移動などでむくんでしまうと大きく足を動かすことって出来ませんよね。なので、少しふくらはぎを動かすことでむくみの解消をしていきましょう。
座りながら足のむくみを解消するのにおすすめな方法は貧乏ゆすりをすることです。
貧乏ゆすりは一般的には行儀が悪いといわれますが、小刻みにふくらはぎの筋肉を収縮することが出来るのでふくらはぎに溜まった血液やリンパ液を体の中心に返す役割を担ってくれます。ただ、やはりはしたないというところが目に付く場合にはちょっとした道具を使ってむくみの解消を行うのも一つの手です。

デスクワークをしているときに有効な手として、冷え対策のブランケットとゴルフボールくらいの小さなボールを用意してください。
デスクワークの最中はブランケットをひざからかけて靴を脱ぎ、足の裏でボールをころころと転がしてみてください。足を動かすことでふくらはぎの筋肉を使うという効果もありますが、足の裏をゴルフボールで刺激することで血行促進効果が見込めます。今では夏でも冷房を使用したりするので年中ブランケットをひざからかけていても違和感はありませんね。冷えでむくんでしまうのでかけていると言うことにしておけば隠れてころころしていてもあまり目立ちません。

マッサージももちろん有効な手段です。足首から太ももに向かうように下から上へマッサージをすることでむくみの解消が見込めます。

簡単に出来るむくみ解消方法はたくさんあるので、一度試してみてください。