立ち仕事の足のむくみ改善は血流回復が大事!

1日立ち仕事をしていると足がパンパンにむくんでしまってすごく辛いですよね。
そんな立ち仕事によってできるむくみは立っている時間が長いことで起きる筋肉疲労が原因です。筋肉疲労によって心臓に戻りきらなかった血液や体を巡ることが出来なくなったリンパ液から水分が染み出てむくみが発生します。
そんなむくみを改善するには体のめぐりを改善していくことが効果的です。体のめぐりの中心にある血流のめぐりについてまとめてみました。むくみの改善に役立てていただけたら幸いです。

立ち仕事によってできるむくみを解消するには

立ち仕事によってできるむくみの解消にはいくつかの方法があります。

立ち仕事が原因でできるむくみは筋肉疲労によってできるものなので、根本の原因をなくしたり、筋肉疲労の影響を受けにくいようにするだけでむくみの解消が目指せるからです。

立ち仕事によってできるむくみの詳しい原因と解消方法について紹介をしていきます。

立ち仕事でむくみができる原因はなに?

立ち仕事によってできるむくみは、ほぼ100%筋肉疲労によるものです。

なぜそういいきれるのかというと、本来ならむくみは筋肉の収縮があれば発生しないものだということが関係しています。

むくみができてしまうのは、何らかの理由でリンパ液の流れが悪くなり、回収し切れなかった水分が血管の外。

つまり、皮膚の下に染み出て溜まってしまうこと。

リンパ液の流れは筋肉の収縮によって生まれるものなので、理論上では足の筋肉を常に使用している立ち仕事ではむくみが発生しないものとなります。

しかし、実際にはむくみはできてしまう。

どうしてなのかを考えると、それは、足の筋肉が疲れてしまってうまく収縮できていないという結論に達するからです。

足の筋肉は、筋肉が縮んだり広がったりすることで心臓のようなポンプの役割を担っています。

全力で走った後に疲れて思ったように力が入らないときのように、1日の後半に差し掛かった時点で足の筋肉には疲労が溜まり、リンパ液の流れが悪くなってしまうことで立ち仕事のむくみは発生します。

立ち仕事によってできるむくみは、筋肉の動きが弱くなっても血流を上手に流してあげることで解消することができるのです。

血流改善でむくみは改善するの?

血流を改善することでむくみの改善はできます。むくみは血管から染み出る水分が皮膚のすぐ下に溜まることで発生するので、血管から水分がにじみ出る前に血液を体にめぐらせてあげればむくみは改善できるのです。

血液から水分が染み出てしまうのは、血管の細胞の間には隙間が存在するからです。一見穴のない管のように思われる血管ですが、体の一部である異常たくさんの細胞が繋がっていることで出来ています。
例えば穴の開いたホースを思い浮かべてください。隙間があることで水を流すと隙間から水が吹き出てきますよね。見えないくらいの穴を開けると、じわじわにじみ出てきます。これと同じで長時間血液が血管内に溜まってしまうことで水分の多くは血管の外ににじみ出てしまうのです。

血流をちゃんとした流れで流してあげることで無駄な水分を血管の中に留めておく事がなくなります。血液の成分は水分以外にも多くの成分が含まれているので、ちゃんと流れが作られている血流は水分がにじみ出る暇を与えずにむくみを作りません。

血流をちゃんと流すにはどうしたらいいの?

血流をよくするには食生活の改善や生活習慣の見直しが大切です。しかし、体質を改善するのは簡単に出来るものではないですよね。そんなときには医薬品やサプリの力を借りることがおすすめです。
むくみを改善する医薬品で有名なのはアンチスタックスです。アンチスタックスは細胞の間にある隙間を埋めてくれる役割があるので、水分を血管の外に逃がさずしっかりと腎臓で排出する形を作ってくれます。しかし、アンチスタックスには副作用も存在します。医薬品は薬なので、副作用はどうしてもなくすことは出来ません。

なので、医薬品が少し怖いという方はサプリを使ったむくみの改善方法をおすすめします。むくみの改善が見込めるサプリは健康食品ながら血行を良くする成分が豊富に含まれています。不摂生な生活が続いていたとしてもむくみを作らない為の成分が豊富に含まれているので、医薬品の様にきつくなく、且つ効果的なむくみ改善効果をもたらしてくれます。

立ち仕事をしていたら筋肉を休めるひまはありません。休憩が取れないなら休憩しなくてもむくみができない環境を体の中に作ってあげればいいんです。